エデルステインコーティングについて
エデルステインコーティング®について
INSPIREへはこちらからどうぞ
トイレ用プロツールはこちら
清掃指導の詳細はこちら
トイレメンテナンス・セミナーの詳細はこちら
  ‘コーティング’ タグのついている投稿
トイレメンテナンス、ガラスコーティング、特殊清掃技術のレッツクリエイト

トイレの臭い

どうも技術部長KENです。
今回は小便器周辺の悪臭の発生箇所について書きます。
最近の小便器はリム部(折り返し)のないものが増えています。
という事は尿石の固着はない?ですよね。少なからず掃除していればないはずです。
しかし隠れ尿石が存在しているのですね~ これは小便器の形や設備などによっても違うのですが目に見えない箇所に増殖しますので注意が必要です。

    壁掛け小便器下        隠れ尿石

 

この様にリムなし壁掛け小便器の場合、垂れた尿が小便器下に固着していきます。
壁掛け小便器で臭いが発生している場合は確認してみてくださいな。臭いが消えるかもです。

 

 

 

タイルコーティング レベル8

どうも技術部長KENです。
久しぶりに重症な現場に当たりました。

         施工前          施工後

タイル表面に水垢が固着して黒ずんでいます。100角タイルでエンボス有り、水垢・黒ずみ・尿石・錆なんでもあり状況
その中でも一番除去が厄介なのが星型状の被膜水垢になります。

       施工前          施工後

写真右側にある黒ずみが被膜型の水垢です。
この水垢は酸性洗剤と専用軽石で削り落とします。
床面全体はポリッシャーを使用します。
酸性洗剤を使用しポリッシャーブラシはベルテックスブラシ(#180/#320)を使用
床にスノーブライト(陶器用特殊研磨剤)を撒き洗浄しました。
スノーブライトを使用する事によりタイル表面のくすみが除去できすっきりします。
施工開始からコーティング乾燥解放まで8時間 頑張ったなぁ~て感じです。

 

 

フローリングコーティング

どうも技術部長KENです。今回の現場はフローリングコーティングです。
タイルコーティングとの違いがいくつかあります。
まずは、洗浄の仕方、洗剤、コート剤の種類、そして何よりも仕上がりレベルのシビアさですかねぇ~
フローリングはWAXが塗布されている場合があり剥離作業が必要でこれがまた色々と神経使うのです。
MDF(種類)の重剥離だとピリピリします。
洗剤の種類もアルカリ性・中性でタイルコーティングとは異なりますし、コート剤の種類も、シリコン ・ UV ・ガラスを採用している為、種類により施工方法が変わります。
そして何よりも仕上がりのシビアさですね・・コーティング業者ならわかると思いますが、ホコリの混入、レべリングなどWAX塗布以上技術が必要になります。こう言う事を書くとタイルコーティングは簡単なんだと思ってしまう方がいるかも知れませんが、タイルコーティングも技術・知識が必要でとても奥が深いですよ。

      施工前       施工後

施工写真を撮ると施工前=朝 ・ 施工後=夕方 これは仕方ないよな~

 

 

トイレコーティング 石材床

どうも技術部長KENです。今回の現場はトイレ床コーティングです。現場に着いて床材をみたら天然石材ではあ~りませんか。一応想定はしていたのですが・・さて、どの様な施工にしようかなと考えながら便器の洗浄を終わらせていよいよ本題の床です。方法は2通り ①薄膜でコーティング塗布 ②研磨して浸透コーティング とりあえず施工が容易な①の施工後想定テストをしてみることにしました。といっても簡単なテストで適度にしぼったタオルで床面を拭いてみるだけですがコーティング塗布後の状況がわかるのですねぇ テストしてみるとな・なんと思ったよりもキズが深い! コーティングの塗膜厚を厚膜にしないと隠れないレベル・・・しかし鏡面系の床材に塗膜厚を付けるのはタブーだし、と言う訳で研磨浸透コーティングに決定しました。

研磨工程はダイやモンドパット5工程  #400→#800→#1500→#3000→#6000 今回の石材は#3000まででも光沢が上がったのですが#6000まで磨きました。そしてコーティング希釈調整し塗布→拭き上げ→最終処理

 

 

 

 

 

写真ではわかりにくいですがかなりピカピカです。コーティングはただやみくもにコーティング剤を塗るだけではいけないんですよね。施工後どの様に経過していくか状況(場所・箇所・歩行量・メンテナンス・床材)を考えより良い仕様にしていくことが大切なのです。

タイルコーティング

どうも技術部長KENです。今回の現場は施設玄関エントランスです。タイルにはワックスが塗布されていたので剥離作業が必要でした。作業工程的には1工程増えるだけですがエントランスなので剥離のあとの汚水バキューム処理があり実質2工程増えたのと同じになります。アルカリ洗剤→酸性洗剤→アルカリ中和剤と複雑な工程になり、洗浄下地処理を希釈しコーティング剤も希釈調整しています。

施工前 施工後

うちの会社はトイレ(レストルーム)が得意と思われがちですが、エントランスやフードコートなどのタイルも得意なのですねぇ。タイルコーティング施工技術はNO,1 多分・おそらく・きっと  他の業者には負けませんよ。