エデルステインコーティングについて
エデルステインコーティング®について
INSPIREへはこちらからどうぞ
トイレ用プロツールはこちら
清掃指導の詳細はこちら
トイレメンテナンス・セミナーの詳細はこちら
  2013年1月の月別アーカイブ
トイレメンテナンス、ガラスコーティング、特殊清掃技術のレッツクリエイト

トイレ水垢

どうもコーティングバカな技術部長KENです。
今日、施工写真の整理をしていたら懐かしい写真がでてきたのでアップします。
私はよく汚れ度合を10段階レベルで例えますが、今現在のレベル10がこんな感じです。

 洗面器  

ほぼ釉薬なしで水垢・くすみ・金タワシによるメタルマークの3点キットです。

 

LOWタンク手洗い  

和式便器の水洗LOWタンクの手洗いです。
井水(地下水)を使用している為茶色い水垢です。
ある意味、和式便器のオマケみたいな物ですがこれだけで数十分かかります。

 

 

和式便器・床タイル  

便器の釉薬がない為、水垢・くすみの密着がめちゃくちゃ良いのです。
いや~ いい思い出の現場で作業が終わったのは夜でみぞれが降ってました。

 

 

 

 

フロアーコーティング 防滑仕様

どうも技術部長KENです。
今月はデモ施工・現調・打ち合わせが多いです。
今回の現場は長尺シートの防滑&コーティング施工です。
シャワールームから出た箇所が滑るという事での依頼で、コート剤に骨材を混ぜて塗布しています。

 

 

 

 

 

 

骨材を混ぜていますので光沢はなくシックな仕上がりです。

 

 

 

 

 

 

アップの画像です。骨材&コーティングが塗布されています。

今回の施工ですが、防滑(安全)とメンテナンス(美観)どちらを取るかと言う問題が発生します。
やはり安全が第一でメンテナンスは後に良い方法を考えるのが普通ですかね。

後日、清掃員の方にダスタークロスが動かないと指摘されてしまいました。それは仕方ないですよ~
コロコロローラーを奨めておきました。

 

 

 

フローリングコーティング

どうも技術部長KENです。今回の現場はフローリングコーティングです。
タイルコーティングとの違いがいくつかあります。
まずは、洗浄の仕方、洗剤、コート剤の種類、そして何よりも仕上がりレベルのシビアさですかねぇ~
フローリングはWAXが塗布されている場合があり剥離作業が必要でこれがまた色々と神経使うのです。
MDF(種類)の重剥離だとピリピリします。
洗剤の種類もアルカリ性・中性でタイルコーティングとは異なりますし、コート剤の種類も、シリコン ・ UV ・ガラスを採用している為、種類により施工方法が変わります。
そして何よりも仕上がりのシビアさですね・・コーティング業者ならわかると思いますが、ホコリの混入、レべリングなどWAX塗布以上技術が必要になります。こう言う事を書くとタイルコーティングは簡単なんだと思ってしまう方がいるかも知れませんが、タイルコーティングも技術・知識が必要でとても奥が深いですよ。

      施工前       施工後

施工写真を撮ると施工前=朝 ・ 施工後=夕方 これは仕方ないよな~