エデルステインコーティングについて
エデルステインコーティング®について
INSPIREへはこちらからどうぞ
トイレ用プロツールはこちら
清掃指導の詳細はこちら
トイレメンテナンス・セミナーの詳細はこちら
  カテゴリー ‘blog’ のアーカイブ
トイレメンテナンス、ガラスコーティング、特殊清掃技術のレッツクリエイト

日夜コーティング技術を磨いています…

どうも技術部長KENです。
全国のコーティングファンの方お久しぶりです。
日夜コーティング技術を磨いていました。

最近は駅トイレなどの施工で格闘しているのですが、なにせ時間が短いのです。
しか~し安心してください、はいてますよ。じゃなくて、終わらせますよ。
終電~始発前(改札オープン)までの数時間で解放歩行可能にします。
コーティングの乾燥時間を確保する為に分単位を大事に作業し、さながらF1のピットみたいな感じでしょうか?

スタッフが連動していかないととても無理です。1工程で5分短縮してとして5工程で25分短縮させるみたいな・・・

時間がないのでコーティング無理だろうと考えている施主の方がいましたらご相談ください。

        施工前         施工後

 

トイレの臭い

どうも技術部長KENです。
今回は小便器周辺の悪臭の発生箇所について書きます。
最近の小便器はリム部(折り返し)のないものが増えています。
という事は尿石の固着はない?ですよね。少なからず掃除していればないはずです。
しかし隠れ尿石が存在しているのですね~ これは小便器の形や設備などによっても違うのですが目に見えない箇所に増殖しますので注意が必要です。

    壁掛け小便器下        隠れ尿石

 

この様にリムなし壁掛け小便器の場合、垂れた尿が小便器下に固着していきます。
壁掛け小便器で臭いが発生している場合は確認してみてくださいな。臭いが消えるかもです。

 

 

 

タイルコーティング レベル8

どうも技術部長KENです。
久しぶりに重症な現場に当たりました。

         施工前          施工後

タイル表面に水垢が固着して黒ずんでいます。100角タイルでエンボス有り、水垢・黒ずみ・尿石・錆なんでもあり状況
その中でも一番除去が厄介なのが星型状の被膜水垢になります。

       施工前          施工後

写真右側にある黒ずみが被膜型の水垢です。
この水垢は酸性洗剤と専用軽石で削り落とします。
床面全体はポリッシャーを使用します。
酸性洗剤を使用しポリッシャーブラシはベルテックスブラシ(#180/#320)を使用
床にスノーブライト(陶器用特殊研磨剤)を撒き洗浄しました。
スノーブライトを使用する事によりタイル表面のくすみが除去できすっきりします。
施工開始からコーティング乾燥解放まで8時間 頑張ったなぁ~て感じです。

 

 

トイレ床タイル コーティング

どうも技術部長KENです。
久しぶりの投稿です。PCの調子も良くなったので頑張ります。

今回の現場は久しぶりの重傷です。地下水(井水)使用で黄ばんだ水垢が固着しています。
そしてなかなかの曲者で洗剤の反応が悪いではないですか~ ってデモ施工で確認済み
気合・覚悟を決めいざ洗浄! 

       施工前        洗浄中

今回は特殊研磨剤とハードブラシ#46を使用しポリッシャーが回せる個所は研磨洗浄
個室やポリッシャーの回せない個所は特殊な軽石で削り落しました。

その後に通常の酸性洗剤の洗浄→中和→下地処理→乾燥→コート剤塗布
本当にコーティング施工は洗浄下地処理に時間がかかりますなぁ~
洗浄に数時間かかってもコーティング塗布はすぐに完了しますからね。

       施工後

 施工後はこんな感じです。
施工協力 (有)小坂井衛生社  松山さん・天野さんお疲れ様でした。また大変な現場お願いします。
近江リース(株)安藤さん/すっきり空間の中野さん有り難う御座いました。 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

ステンレス

どうも技術部長KENです。

ひさしぶりの投稿です。今回はステンレスの手洗いです。洗浄はクリーンメッシュピンクで擦りました

ヘアーラインですので目(溝)にそって擦ります。硬い水垢はセラスティックで除去しました。

 

      施工前        施工後

最近はいろいろな現場に行くことが多くなってきました。これからもがんばらなければ・・・

おだれ石

どうも技術部長KENです。
久しぶりの書き込みになります。今回は小便器下のおだれ石の洗浄コーティングです。
まずは、おだれ石の種類は主にこの2種
・ 御影石 
・ セッラミックタイル 
殆どのおだれ石にこのどちらかが使用されています。
それは、硬くてある程度の酸に強いからだと思われます。が、物によっては酸性洗剤で反応する場合があるのでの注意しなくてはなりません。
フッ化系の洗剤を使用すると素材表面を焼いて(ツヤ落ち)しまうので使用してはいけません。
表面が鏡面仕様の場合はケミカル(洗剤)を使用しないでも除去できます。

おだれ石の表面上にある特殊汚れは2つ
1、尿石      多層型の尿石汚れ
2、虹彩汚れ   薄膜干渉汚れ (ミクロン単位の薄膜で見える)
またこの2つの汚れが曲者で、洗剤に反応しにくく硬いのが特徴です。

施工前 施工後

今回の施工は
尿石を3枚刃やスクレーパーでキズを付けないように削ぎ落とし、虹彩汚れはリグレードCR-1(セラミックタイル用クリームクリーナー)を適量撒きポリッシャー赤パットで洗浄しています。洗浄後、浸透仕様でコーティング施工してあります。

 

 

洗面台コーティング

どうも技術部長KENです。 いや~年度末ということで忙しいですね~
新規書き込みがない時は忙しいと思っていて下さい。なんて・・・
今回の現場は洗面台研摩洗浄コーティングです。
ちょっと特殊な作業で板金塗装屋の技術が必要になります。

この施工は洗面台の材質がアクリル系、及び一部FRPだと施工できます。
メラミン化粧版やシート系などは施工できません。

 

   
         施工前

       施工後

 

       施工前         施工後

この施工はひたすらサンディング(研磨)してコンパンドバフで仕上げ、ガラス系コーティングを塗布し完了です。
根気とシビアなレベルが必要になります。

 

 

トイレ水垢

どうもコーティングバカな技術部長KENです。
今日、施工写真の整理をしていたら懐かしい写真がでてきたのでアップします。
私はよく汚れ度合を10段階レベルで例えますが、今現在のレベル10がこんな感じです。

 洗面器  

ほぼ釉薬なしで水垢・くすみ・金タワシによるメタルマークの3点キットです。

 

LOWタンク手洗い  

和式便器の水洗LOWタンクの手洗いです。
井水(地下水)を使用している為茶色い水垢です。
ある意味、和式便器のオマケみたいな物ですがこれだけで数十分かかります。

 

 

和式便器・床タイル  

便器の釉薬がない為、水垢・くすみの密着がめちゃくちゃ良いのです。
いや~ いい思い出の現場で作業が終わったのは夜でみぞれが降ってました。

 

 

 

 

フロアーコーティング 防滑仕様

どうも技術部長KENです。
今月はデモ施工・現調・打ち合わせが多いです。
今回の現場は長尺シートの防滑&コーティング施工です。
シャワールームから出た箇所が滑るという事での依頼で、コート剤に骨材を混ぜて塗布しています。

 

 

 

 

 

 

骨材を混ぜていますので光沢はなくシックな仕上がりです。

 

 

 

 

 

 

アップの画像です。骨材&コーティングが塗布されています。

今回の施工ですが、防滑(安全)とメンテナンス(美観)どちらを取るかと言う問題が発生します。
やはり安全が第一でメンテナンスは後に良い方法を考えるのが普通ですかね。

後日、清掃員の方にダスタークロスが動かないと指摘されてしまいました。それは仕方ないですよ~
コロコロローラーを奨めておきました。

 

 

 

フローリングコーティング

どうも技術部長KENです。今回の現場はフローリングコーティングです。
タイルコーティングとの違いがいくつかあります。
まずは、洗浄の仕方、洗剤、コート剤の種類、そして何よりも仕上がりレベルのシビアさですかねぇ~
フローリングはWAXが塗布されている場合があり剥離作業が必要でこれがまた色々と神経使うのです。
MDF(種類)の重剥離だとピリピリします。
洗剤の種類もアルカリ性・中性でタイルコーティングとは異なりますし、コート剤の種類も、シリコン ・ UV ・ガラスを採用している為、種類により施工方法が変わります。
そして何よりも仕上がりのシビアさですね・・コーティング業者ならわかると思いますが、ホコリの混入、レべリングなどWAX塗布以上技術が必要になります。こう言う事を書くとタイルコーティングは簡単なんだと思ってしまう方がいるかも知れませんが、タイルコーティングも技術・知識が必要でとても奥が深いですよ。

      施工前       施工後

施工写真を撮ると施工前=朝 ・ 施工後=夕方 これは仕方ないよな~